Now Loading...LOADING

結核予防会
福岡支部について

各種活動

普及啓発活動

結核や生活習慣病予防のために、イベントや大会・研修会等を開催しています。

  • 結核予防全国大会
  • 結核予防会九州地区会議
  • 九州地区結核予防婦人団体幹部講習会
  • 市町村・学校・事業所保健衛生担当者研修会
  • 全国一斉結核予防週間キャンペーン
  • 球場大型ビジョンでの結核予防に関する放映

普及啓発資料を無料で配布しています。

  • パンフレット「結核の常識」、結核予防週間ポスター等の配布
  • 小・中学校児童生徒の結核検診パンフレットの配布
  • 公益財団法人結核予防会の機関誌「複十字」の配布
  • 全国結核予防婦人団体連絡協議会の機関誌「健康の輪」の配布

パネル等の貸出及び講師の派遣を行っています。

  • 結核予防教育の展示用パネル
  • 結核予防教育の講師派遣
結核大会の画像
イベント画像1
イベント画像2

調査研究

各種統計を集計し、公衆衛生に協力しています。

  • 肺がん検診・結核検診集計
  • 事業年報
  • 日本総合健診医学会総合健診統計
  • 日本消化器がん検診学会の全国統計

出版物の頒布

公益財団法人結核予防会発行の出版物の斡旋、頒布をしています。

産業医派遣

常時50人以上の労働者を使用する事業場には、産業医を選任することが義務付けられています。

赤坂総合健診センターでは、健康診断を受診していただいている事業場を対象に産業医派遣契約を受け付けています。

複十字シール運動募金

2020年度複十字シール
デザイン:あさいとおる氏
2017年複十字シールキャラクターシールぼうや・シールちゃん

複十字シール運動募金は、結核を中心とする胸の病気のない健康で明るい社会をつくるため、世界80カ国以上で行われている募金活動です。 募金にご協力された方に、複十字シールを差し上げることからその名がついています。

日本の結核は、これまでの取り組みによって、平成28年には新登録患者数は17,625人まで減少していますが、今なお国内最大級の感染症です。 また、世界では、同年に1,040万人の患者が発生し、170万人が亡くなっており、結核は世界死因の第9位となっています。

皆様からのご寄付は、公益財団法人結核予防会並びに47都道府県支部が実施する結核予防の普及啓発活動や開発途上国での結核対策支援、結核の調査研究等に充てられています。

皆様の温かいご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

公益事業局

TEL:092-762-3010
FAX:092-762-3013

結核感染症相談室(Tuberculosis Consultation Service)

公益財団法人ふくおか公衆衛生推進機構では、皆様の結核に対する不安を取り除き、適切な助言と支援及び治療のアドバイス等を行うとともに、結核の早期発見とまん延防止を目的として「結核感染症相談室」を開設しています。

担当医師が皆様のご相談や情報・資料提供に無償で応じます。

個人のプライバシーは守られていますので、安心してご相談ください。

  1. メールでのご相談
    お問合せフォーム」からご相談内容をお送りください。
  2. 電話でのご相談
    毎週月曜日(休・祝日除く)の午後3時00分〜午後4時30分に092-725-5170(専用)までお電話ください。
  3. 来所して直接ご相談(要予約)
    毎週月曜日(休・祝日除く)の午後3時00分〜午後4時30分に092-725-5170(専用)までお電話の上、日程をご予約ください。

※検査や治療につきましては、保険診療となりますので、あらかじめご了承ください。

PageTop